関税の大幅引き下げで合意し握手する安倍晋三首相とトランプ大統領(読売新聞/アフロ)

トランプ米大統領は中国を貿易戦争の標的にしたはずだが、被害はアジア全域に広がり、米国の同盟国が犠牲になりつつある。東アジア貿易の7割は、複雑に入り組んだグローバルな分業体制に依存しているからだ。日本などが中国に輸出する機械や部品は中国で最終製品となり、他国に輸出されている。つまり、中国の米国向け輸出が減れば、他国の中国向け輸出もこれに連動して減る。

例えば、台湾のフォックスコン(鴻海(ホンハイ)精密工業)が中国で組み立てている「iPhone(アイフォーン)」には全世界から約200社ものサプライヤーが部品や部材を供給している。中国で製造されているバービー人形なども、程度の違いこそあれ、基本的にはこれと同じ図式である。