売買仲介サイト「cowcamo」はウェブよりもアプリ内の掲載物件数を充実させている(提供:ツクルバ)

【上場日(市場)】2019月7月31日(東証マザーズ)
 【設立】2011年8月22日
 【本社所在地】東京都目黒区上目黒
 【代表者(年齢)】村上浩輝社長(34)
 【事業内容】リノベーション・中古住宅売買仲介サイト 「cowcamo(カウカモ)」を運営。仲介手数料が収益柱だ が、一部物件販売も。シェアオフィス事業も展開
 【売上高】15億円
 【営業利益】1900万円 (19年7月期)
 【公開価格】2050円
 【直近株価】1319円(10月1日)

新築マンションは無理でも、中古なら手が届く──。

首都圏では2016年から中古マンション販売が新築を上回っており、18年の同市場は約1.2兆円と、13年から3割以上も増えている。中でも人気なのがリノベーション物件。この領域に特化した売買仲介サイト「cowcamo(カウカモ)」を運営するのが、7月31日に東証マザーズに上場したツクルバだ。