米サイリンクス社の副社長は製造委託先との緊密な連携を強調した
業績が伸び悩む日の丸半導体が多い一方、世界に目を向けると急成長を続けている企業もある。年間売上高は約3000億円と半導体業界の中では”小粒”だが、2019年3月期は前年同期比24%増を達成した米ザイリンクス社もその一つだ。
同社は回路設計を柔軟に変更できるFPGAという半導体を武器に、5Gをはじめとした通信用、先進運転支援システム(ADAS)などの車載分野、さらにはデータセンターまで幅広い分野で業績を伸ばしている。
日本企業と明暗が分かれている理由はどこにあるのか。製品・技術マーケティング担当副社長のカーク・サバーン氏に聞いた。
(注)本記事は10月5日号第2特集「日の丸半導体の生きる道」の関連インタビューです。

 

ーー日本の半導体メーカーではルネサスなど業績低迷に苦しむ企業が多い。その背景をどう見ていますか。

理由はいくつかあると思う。たとえばルネサスエレクトロニクスの場合、自動車用でも特定用途向けの製品をアプリケーションごとに出している。その結果、インテル製品の主な用途であるパソコンと比べると一つ一つの製品が少量多品種になってしまう問題がある。半導体の単価はさほど高くはないので、それでは利益を得るのが難しくなってしまう。

さらに、今はテクノロジーの変化がとても速い。たとえばAI(人工知能)の中のニューラルネットワークという分野ではあっという間に仕組みが変わっていく。それらに対応はできても研究開発費が非常にかかることが問題だ。たいていはターゲットを絞って集中していくが、その選択がうまくいかないと苦境に陥ってしまう。