劉靖康CEOは1991年生まれ。名門・南京大学卒業後に会社を設立した

若い中国人の間でカリスマ的存在なのが劉靖康氏だ。劉氏は1991年生まれで、全天球撮影ができる360度カメラを開発するShenzhen Arashi Vision社のCEOである。2年前には米国の経済誌『フォーブス』で「30歳以下のアジアを代表する人物」に選出された。同社製品は100以上の国と地域で販売され、日本国内でも購入できる。

服や帽子に取り付け可能な「GO」(右)と、自撮り棒が写り込まないカメラ「ONE X」(左)

大学1年で起業を志す

劉氏は南京大学を卒業後に同社を立ち上げた。学生時代からベンチャー企業関連の記事を読みあさり、大学1、2年生の時点ですでに起業を志していたという。「360度カメラは不動産の内覧などさまざまな分野で活用できるため市場の拡大に可能性を感じた」と劉氏は振り返る。