まつもと・かずや 音声表現コンサルタント・ナレーター。1991年、NHKにアナウンサーとして入局。2016年から株式会社マツモトメソッド代表取締役。

いよいよプレゼンテーション本番の日。当日の動きや気持ちの持ち方など、私なりのオススメの方法を時間経過とともにご紹介します。

まず大切なのは、会場に早めに到着することです。実際にプレゼンする演台などに立てるなら、聞き手を想定してそこで声を出してみます。これは、私が「NHKのど自慢」などで実際に行っていたことです。会場が変わると自分の声の聞こえ方も変わり、無用な緊張につながるおそれがあるからです。

マイクが使えるのなら試しておいてください。最近はマイクも有線、ワイヤレス、ピンマイク、ヘッドセットなどいろいろなタイプがあります。可能なら、スライドがどんなふうに映るかも確認できると最高です。本番で感じる違和感を少しでも減らす。話す内容以外の不安要素をできる限り減らす。そのためには、とにかく早めに「場に慣れる」ようにしましょう。