若者がテレビ離れしているといわれるが、実際のところはどうなのだろう。「『情報通信メディア利用時間調査』の5年間データに見るテレビとネットの時間的侵蝕関係」(東京大学 橋元良明 2018年)によると、確かに10代のテレビ視聴時間は、12年から16年までの5年間で13.7分減っている。しかし、テレビを見る10代はまだ約70%おり、視聴時間も減ったとはいえ1日約90分もある。20代以下はインターネットの利用時間がテレビより長いが、30代ではまだテレビの視聴時間のほうが長い。

また、テレビの視聴時間は同じ年代でも未婚・既婚で大きく傾向が変わり、既婚者で顕著に多くなる。今の10代、20代が既婚者の多い年齢になれば、テレビがネットを逆転する可能性もあるのだ。