台湾北西部・新竹市の新竹サイエンスパークにはTSMCの本社や工場が立ち並んでいる

台湾北西部に位置する新竹市。人口約40万人の中規模都市に世界有数の半導体産業の集積地、新竹科学工業園区(新竹サイエンスパーク)がある。同園区のほぼ中心には赤色の線を基調としたビルが立ち並ぶ。世界の半導体受託生産で約半分のシェアを握る台湾積体電路製造(TSMC)の本社や技術開発研究所だ。

回路線幅の微細化が性能向上につながる半導体製造技術で同社は世界最先端を突き進んでいる。現在、世界の最先端は米アップルのアイフォーンの最新機種にも使われている7ナノ(10億分の1)メートルの半導体だが、TSMCは来年にも5ナノ品の量産を開始する準備に入っている。台湾南部で建設中の新工場で生産が開始される見込みで、同社は量産に向けた設備投資や開発費を累計約2.5兆円投じたとみられる。さらに世界で唯一3ナノ品の開発も具体化させている。2019年末にも新竹で新工場の建設を始め、22年の量産開始を目指している。

本社に併設されているTSMCイノベーションミュージアム(台積創新館)では中国の通信機器大手ファーウェイの半導体設計子会社ハイシリコンや台湾の半導体大手メディアテックなど世界に名だたる半導体企業からのビデオメッセージが流されていた。いずれもTSMCの主要顧客。「TSMCはよきパートナー」「すばらしい技術を持っている」など賛辞が詰まったメッセージを来館者に公開するところに世界の半導体産業をリードする自負が垣間見える。

サムスンの猛追始まる

ただ7月上旬に、TSMCが王者である半導体受託生産業界の構図を揺るがしかねない情報が出た。GPU(画像処理装置)やAI(人工知能)関連の半導体開発で世界をリードする米NVIDIA(エヌビディア)が韓国サムスン電子の受託生産部門に7ナノ品の製造を発注したと韓国メディアが報じたのだ。エヌビディアはTSMCにとって主要顧客上位10社の1つだ。報道を受け、TSMCの株価は台湾証券取引所と米ニューヨーク証券取引所でそれぞれ約4%下落した。

エヌビディアとしてはTSMCからサムスンに生産委託先を変更したわけではなく、両社に発注してそれぞれと取引を行うと決めたにすぎない。それでも業界内で大きな話題となったのは「サムスンが半導体受託生産に本腰を入れて、TSMCを猛追する姿勢を示した」(台湾現地の業界アナリスト)とみられたからだ。