(イラスト:ソリマチアキラ)

塚田好宣は、8月24日の誕生日に50歳を迎えると、すぐにシニアツアーに挑戦した。

塚田の経歴は、異色だ。東海大学を中退し、単身で米国へ。しかもニューメキシコ陸軍士官学校へ入学。さらに卒業後、SEルイジアナ大学に入学し、中退して今度はオーストラリアへ渡り、プロへ転向。1999年、日本のプロテストにも合格。すぐにアジアンツアーなど世界を転戦するようになった選手だ。その彼がシニアツアーで感じた印象が、とても興味深い。

「何とか回ってきたという感じですね。ともかくプレーが速いのが驚きで、ついていくのがやっとなんですよ」と、シニア選手たちのテンポに、まずは戸惑ったという。

「無駄なことはしない。シンプルにシンプルにプレーするんです。ルーティンにしても、ホントに無駄は省いて、ともかくシンプルに。そのテンポにまだついていけませんでした」と言った。