高速道路を時速80キロメートルで走行。低速で走る目の前の車に近づくと、適切なタイミングで車線を追い越し車線に変更し、追い抜いた後は走行車線に戻る。滑らかな動きでほかの車との距離もしっかり保っている──。

これらの動作を自動でこなす自動車が9月、日産自動車から発売された。新たな先進運転支援技術「プロパイロット2.0」を搭載した新型スカイラインだ。

7つのカメラと5つのミリ波レーダー、12個もの超音波センサーを備える。あらかじめ登録した3D高精度地図データの情報と組み合わせることで、冒頭のような走りを自動で実現する。自動運転レベルは「2」のため、あくまでADASと呼ばれる先進運転支援システム扱いだが、これまでの安全対策といった位置づけから自動運転に向け、進歩を見せつけた。

(左上)ハイブリッド車は「プロパイロット2.0」が標準装備だ。(右上)開発用の「R-Car」のスターターキット。(提供:ルネサス)(下)ハンドル付近のボタンを操作しシステムを作動させる

この技術を実現するうえで核となる、大量の情報を処理する部品が「車載半導体」だ。自動運転で必要となる「認知」「判断」「制御」などあらゆる分野で使われる。ルネサスエレクトロニクスはその中でも中核に当たる2つの半導体を開発、供給している。1つ目の車載用SoC「R-Car」はカメラなどから得た周辺車両のデータを分析し、自車の行動計画を判断する。そのうえで2つ目の制御用マイコン「RH850」がハンドルやアクセル、ブレーキなどへ指令を送る。いわば「プロパイロット2.0」の頭脳に当たる部分を担っている。

先端技術を搭載した新型スカイラインのような自動車は開発に長い時間がかかる。コストや性能面での厳しい要求に長年にわたって応えてきた集大成だ。ルネサスの山本信吾事業本部長は、「パートナーとして信頼してもらい、技術力を結集できた」とコメントする。