まつもと・かずや 音声表現コンサルタント・ナレーター。1991年、NHKにアナウンサーとして入局。2016年から株式会社マツモトメソッド代表取締役。

プレゼンテーション前に「話す練習」はしていますか? 一度通しでしゃべって、時間を計るくらいでしょうか。残念ながら、それでは不十分。伝わるプレゼンにするためには、2段階の練習をすることをおすすめします。まずは個人練習。次に、人に見てもらうリハーサルです。時間がないなんて言わないでくださいね。ここをちゃんとやらないと、どんなに資料がよくてもうまくいきません。

まず、個人練習のポイント。必ず録画をしましょう。話している姿とスライドが同時に見えれば画質は問いません。でも、録音だけではダメ。音だけなら問題がなくても、例えばあなたがずっと手元の原稿を読み上げていたとしたら、聞き手を引きつけることは難しいですよね。録画を見れば一目瞭然です。話す内容とスライドの切り替えのタイミングが合っているかなども、録画でなければわからないチェックポイントです。