R不動産のグループ会社である「スピーク」の都内のオフィス前で。飾り気のない、まったくの自然体が持ち味だ(撮影 尾形文繁)

東京の都心の裏通りにある、いかにも昭和な古いビル。壁や床はボロボロで、トイレは和式。でも、窓は大きく開放感があって、よく見れば手すりやスイッチも凝ったデザインだ。

それらを「レトロな味わい」と表現して「改装次第で大きく化けそう」「ビビッときたら下見を」などと軽妙な文章で読む者を誘う。ほかにも、やや狭いけれど川べりの絶景が売りのワンルーム、吹き抜けにすれば現代風のオフィスに生まれ変わりそうな元倉庫、元映画館、敷地が数百坪の古民家……。こうした、一癖も二癖もある不動産物件を紹介するウェブサイト。馬場正尊(ばば・まさたか・51)が中心となって2003年に立ち上げた「東京R不動産」だ。

「それまで『ちょっと古くて味わいがある』なんて物件は、不動産としての価値がなかった。不動産屋的にはただのボロだけれど、僕らが見ると魅力的。そんな物件を探してブログ風にアップしたのが始まり」

独特のせわしない口調で馬場は振り返る。

建築設計をしていた馬場は、同じ建築分野出身で不動産デベロッパーにいた吉里裕也と、東京R不動産を発案。繊維問屋街だった日本橋の東エリアを中心に空きビルや空き倉庫を探し、大家を口説いて回った。

古くてもいい。雰囲気はいいが駅から遠い。サイトで伝えるのは馬場たちが感じたとおりの「良しあし」だ。だから、いわゆる広告型のサイトにはしていない。最初は1円にもならなかった。やがてその面白さが口コミで広がり、扱う物件もサイトの閲覧数も増加。吉里と同じデベロッパーに勤めていた林厚見が04年から独立して合流し、本格的な不動産仲介業のビジネスとして回り出した。