黄土色で深めのじゅうたんが敷き詰められたロビーを、オレンジ色に光るランターンと残暑の白い日差しが照らす。丸テーブルの周りには5つのいすが置かれ、梅の花をかたどっている。そこに青や紫のドレスの女性たちが腰かけ、スマートフォンを片手に結婚式の開始を待っていた。

その近くでは、世界時計がロビーの壁一面を埋め、6大陸各都市の時を刻んでいる。カーキ色の帽子と、同色のジャケットを身にまとった年配の男性が「昔のオークラそのまんまじゃないか。世界時計も懐かしいなぁ」とつぶやくと、ホテルマンが「ロビーを完全再現しました。でも、その世界時計はタッチパネル操作になり、ちゃんと進化もしていますよ」と話す。

さまざまな目的を持った人々が行き交うロビーは、再現された木の壁とじゅうたんが音を吸収し、かつてのように静けさと独特の雰囲気をつくっている。

巨額を投じて再開発

日本の大手ホテル運営会社ホテルオークラは9月12日、ジ・オークラ・トーキョー(新オークラ)を開業した。発祥の地である東京・虎ノ門にあったホテルオークラ東京本館(旧本館)を2015年に閉館。4年の歳月と総工費約1100億円を投じ、ホテルや宴会場、レストランとオフィスが入居する、2棟体制の複合高層施設に建て替えた。オークラの建て替えは、かつて世界トップクラスを誇った日本の老舗ホテルが再び世界水準の最高級ホテルになれるかどうかという試金石でもある。

旧本館は世界に通用する国産ホテルを目指し、1962年に開業。「なまこ壁」で城郭建築に見えるようにした独特の外観や、麻の葉紋様の木組み格子を用いた内装は日本の伝統美を表現し、和の様式と欧米のモダニズム建築を融合させた傑作とされた。86年には英チャールズ皇太子とダイアナ妃が宿泊し、海外VIP対応の実績も豊富だ。80年代に米国の専門誌で世界のホテル第2位に選ばれたこともあり、旧本館の取り壊しには世界各地から反対の声が上がった。