(Ushico / PIXTA)

企業が採用活動を行う方法は主に2つある。1つは、「リクナビNEXT」や「エン転職」などの転職情報サイトに掲載料を支払って、求人広告を掲載するケース。もう1つは、人材紹介会社の転職エージェントに依頼して希望する人材を紹介してもらうケースだ。

超売り手市場の中、候補者が集まりやすいということで、転職エージェントに依頼する採用が増えている。

ただ転職エージェント経由で採用が確定した際、転職希望者(求職者)の初年度の賞与や諸手当を含む年収の一定割合を人材紹介会社に紹介手数料として支払う。その紹介手数料は、業界の慣習から年俸の35%が相場だ。

転職のボリュームゾーンである20歳代から30歳代前半であれば、年収は数百万円単位なので手数料も100万〜200万円程度となる。

しかし年収が1000万円だった場合、紹介手数料は350万円と1案件当たりの単価は高くなる。こうした案件の成約が多いほうが、人材紹介会社の利益率は高くなる。