ブロックチェーン技術で国際送金は激変する。フィリピン─香港間の送金サービスの発表会で(ロイター/アフロ)

数年前、中国で一獲千金を夢見る人々が仮想通貨ビットコインの取引やマイニング(発掘)に殺到したことを覚えておられる方も多いだろう。中国人民銀行(中央銀行)がICO(Initial Coin Offering、仮想通貨発行を通じた資金調達)を禁止してから、中国における仮想通貨のブームは急速に終焉に向かったが、一方で仮想通貨の発行に使われるブロックチェーン技術の応用や社会実装は着々と進んでいる。

例えば、中国において主要な税の1つである付加価値税の徴収、および仕入れ額の控除に不可欠なインボイス(発票(ファーピャオ))の発行に当たって、その偽造や二重発行を防ぐために、ブロックチェーン技術が広く使われ始めているという。

筆者は先日、浙江省杭州市のアリババ傘下のフィンテック企業、アント・フィナンシャルを訪問し、ブロックチェーン技術を使ったビジネスについて関係者に話を聞く機会があった。同社によれば、ブロックチェーン技術はとくに国際送金において広がりが期待される。すでに昨年6月からフィリピンと香港の間でブロックチェーン技術を使った送金サービスが開始されている。この技術を使えば、香港で働くフィリピン人メイドが本国に送金する際に、金融機関および複数のエージェントを経由する必要がなく、時間とコストが大幅に節約されるという。