会見に登壇したヤフーの川邊健太郎社長(左)と、ゾゾの澤田宏太郎新社長(中央)、前澤友作前社長(右)。前澤氏はファウンダーとして今後もゾゾのイベントには参加するという(撮影:風間仁一郎)

ネット通販(EC)業界の下克上が起きるのか。ヤフーは9月12日、ファッションEC「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するZOZO(ゾゾ)と資本業務提携を結び、同社の株式を公開買い付けすると発表した。買い付け価格は1株2620円で、10月上旬から買い付けを始める。ヤフーの買収案件としては過去最大規模となる約4000億円を投じ、50%超の株式取得を目指す。

同日付でゾゾの創業者であり、同社株式の約36%を有する筆頭株主の前澤友作氏は社長を辞任。公開買い付けに応じる考えで、今後は宇宙旅行の準備など個人活動に専念するという。

会見の場でヤフーの川邊健太郎社長は「ゾゾとの資本業務提携で、国内EC取扱高ナンバーワンが射程圏に入ってくる」と発言。一方の前澤氏は「お互いの弱点を補い合い、いいところは伸ばし合える結婚のような提携」と述べた。

両社の距離が縮まったのは今年の6月下旬だ。前澤氏が、かねてより私淑するソフトバンクグループの孫正義会長兼社長に進退の相談を持ちかけたところ、孫氏がヤフーの川邊氏を紹介。その後、前澤氏が自身の株式をヤフーに売却可能であるとの意思を表明し、交渉が一気に進んだ。

孫正義氏に相談したことがきっかけだった(撮影:風間仁一郎)

鬼門のファッション

ヤフーにとって前澤氏の申し出は渡りに船だった。営業利益の約7割を依存する広告事業に成長の陰りが見え始める中、EC事業の収益拡大は至上命題だからだ。2013年にはECモール「Yahoo!(ヤフー)ショッピング」の出店手数料と売上手数料を無料化したが、商品取扱高や売り上げで先行する米アマゾン、楽天の背中はいまだ遠い。17年からはソフトバンクの携帯利用者向けにポイント還元を手厚くするなど、グループ総出で打倒アマゾン、楽天に熱を入れている。