(Komaer / PIXTA)

子どもがなりたい職業や、最近話題になっている職業など、「気になる職業」は少なくない。では、そうした職業の給料はどの程度なのか。10の職業について関係者への取材や各種統計から、その実態に迫った。

アニメーター|平均440万円だが若年層は薄給

日本が世界に誇るコンテンツとして君臨するアニメ。NHK連続テレビ小説「なつぞら」では、その制作現場が舞台となり、毎朝一喜一憂してきた方も多いだろう。では、アニメーターのリアルな懐事情はどうなっているのか。

日本アニメーター・演出協会がまとめた「アニメーター実態調査2019」によると、平均年収は440.8万円。ただ、これはあくまで平均値で、細かく見ると給与格差が目立つ。年齢階層別では、35~39歳で511.1万円と、国による各種年収調査の平均値に近い数字だが、20~24歳は154.6万円、25~29歳は245.7万円と極端に落ちる。

職種での差も激しい。絵に動きをつける動画職は平均125万円。しかし総作画監督になると平均788万円にまでアップする。中には1500万円の人もいる。

もちろん、若手が動画職からスタートし作画監督や監督へと階段を上るのが定番のキャリアパスだ。知名度、高収入を目指せる夢多き仕事だが、それを実現するには当初の薄給に耐える必要がある。

eスポーツ選手|海外では4.5億円プレーヤーも

eスポーツとはビデオゲームを使ったスポーツのこと。今や世界各国で大会が開催され、スポンサー収入を柱とした市場規模は1000億円に達するという。

選手の年収構造をみると、内訳は主に「チームからの支給」「大会の賞金」「その他の収入(動画視聴者からの応援金=投げ銭など)」の3つになるという。

イラスト:内山弘隆

「世界で最も稼ぐプロゲーマーの年収は約4.5億円。一方、日本ではトップ選手でも3000万円ほど」と、eスポーツに詳しく自身もプレーヤーとして大会に参戦する、野村総合研究所コンサルタントの隈部大地氏は指摘する。