GAFAをはじめとした外資企業と人材を奪い合うIT企業が多いが、外食大手のくら寿司も

「ITエンジニアなら新卒でも700万〜800万円を超えるオファーを出す企業がある」(キャリアデザインセンター・type就活フェア部兼フェア推進部の宮本智史部長)。ここ最近、新入社員に破格の初任給を提示する会社が増えている。

実際、DeNAはエンジニア職のAIスペシャリストに年俸1000万円を支払い、NECも優秀な研究者には初年度から年俸1000万円以上を支払う制度を導入した。

IT人材だけではない。くら寿司は経営戦略関連の優秀な人材には年俸1000万円出すと表明している。

背景には若手人材の獲得競争がある。海外企業や外資系企業が、能力が高い学生に厚い待遇でオファーを出しており、対抗策として高額な年俸提示をしている。