オールインワン化粧品「パーフェクトワン」を柱とする化粧品事業が売上高の9割弱を占める

【上場日(市場)】2019年6月27日(東証マザーズ)
 【設立】1992年3月11日
 【本社所在地】福岡県福岡市中央区大手門
 【代表者(年齢)】後藤孝洋社長(48)
 【事業内容】オールインワン基礎化粧品のファブレスメーカーで、テレビショッピングや新聞・雑誌広告で集客、電話で注文を受ける通信販売事業者。健康食品、医薬品も育成中
 【売上高】312億円
 【営業利益】24億円(2018年9月期)
 【公開価格】1470円
 【直近株価】1578円(9月17日)

1本で化粧水、乳液、美容液、クリーム、化粧下地の5役を賄うオールインワン基礎化粧品。市場規模は約1000億円といわれ、インバウンド需要も取り込み2桁成長が続く。

多くの事業者がしのぎを削る中、大手シンクタンクのオールインワンブランドシェア調査で、主力商品の「パーフェクトワン」が3年連続で1位を獲得しているのが、6月27日に東証マザーズに上場した新日本製薬だ。ドクターシーラボとともに、オールインワン2強の一角とされる。

武器は400万人のデータ