D23で行われたディズニープラスのプレゼンテーション。豊富なコンテンツが最大の強みだ(D23 Expo公式より ©Disney)

11月12日、ディズニーが動画のインターネット配信を始める。「ディズニー+(プラス)」。ディズニーはもとよりピクサー、マーベル、スター・ウォーズの4ブランドのコンテンツが過去作品も含めて見放題になる。

サービスを開始するのは、アメリカ、カナダとオランダ。他国での展開時期は未定だが、ディズニーで動画配信事業を統括するケビン・メイヤー氏は「他の地域でもできるだけ早くサービスを始めたい」と語る。

ファンイベントのD23でも、最も力が入っていたのがディズニープラスのプレゼンテーションだった。『スター・ウォーズ』に登場するオビ=ワン・ケノービにスポットを当てたシリーズや、『ミズ・マーベル』、人形劇『マペット』など、ディズニープラス向けの独自コンテンツを新たに6つ発表した。

他の部門のプレゼンテーションでも、ディズニープラスに関するコメントが多かった。ウォルト・ディズニー・ジャパンでマーケティングと映画部門を統括する目黒敦氏は、「部門の壁を越えてディズニープラスに取り組むという強い意欲を感じた」と語る。

時価総額でネットフリックスを引き離す

言うまでもなく、動画のネット配信ではアメリカのネットフリックスが先行する。最近増加数が鈍化しているとはいえ、契約者数は全世界で約1億5000万人、アメリカだけでも約6000万人(2019年6月末)に及ぶ。ほかにもネット通販の王者・アマゾンは、「アマゾンプライム」で動画配信を着々と拡大している。