D23にはアメリカ50州、47カ国からディズニーファンが集結した(記者撮影)

2019年3月、21世紀フォックスを713億ドル(約7.5兆円)で買収したアメリカのウォルト・ディズニー・カンパニー。11月には自社のコンテンツを活用した動画配信「ディズニー+(プラス)」で、インターネットを介した新サービスに乗り出す。巨大化するコンテンツ王国の今を3回連載でお伝えする。

8月23~25日、アメリカ・カリフォルニア州アナハイムで開かれた「D23エキスポ」。ディズニーが主催して2年に1度開く、ディズニーファンのための大規模イベントだ。

ディズニーにはD23というファン組織があり(名称はディズニーが1923年に創業されたことに由来)、D23エキスポはその最大のイベントという位置づけ。だが、それだけではない。テレビ、映画、テーマパーク、商品といったディズニーの各部門が「新しいニュースがあれば、D23で発表する」(ディズニー関係者)。D23を見れば、ディズニーが目指す方向を確認することができる。

ハリウッドで絶大な存在感

今回のD23で示したもの。それは圧倒的なコンテンツ力と動画配信に対する熱量だ。

ロバート・ダウニー・ジュニア、トム・ホランド、ドウェイン・ジョンソン、アンジェリーナ・ジョリー……。215ものプレゼンテーションやパネルが開かれたD23では、ハリウッドのスターや著名人が次々と登場した。

ドウェイン・ジョンソンは新作映画に合わせて「ジャングルクルーズ」に乗って登場した(D23 Expo公式より ©Disney)

ハリウッドにおけるディズニーの存在感は絶大だ。2019年の映画の興業収入では、上位5本のうち実に4本がディズニーの配給する映画。特に『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、2009年の『アバター』を抜き去り、世界興行収入の歴代トップに躍り出た。スタジオ別の興業収入シェアは、ディズニーが35%程度を占めると見られている。