若き日本人音楽監督・佐藤俊介が率いる古楽演奏の名門、オランダ・バッハ協会管弦楽団(©Melle Meivogel)

世界有数の“古楽”王国オランダが誇る最高峰の古楽アンサンブル、「オランダ・バッハ協会管弦楽団」が来日する。“古楽”とは、ヨハン・セバスチャン・バッハ(1685〜1750)らが活躍したバロック期を含む、西洋における「古い音楽」を、とくに作曲家が活躍した当時のオリジナル楽器(ピリオド楽器)を使用して演奏することを指す音楽用語だ。

1921年に創設されたオランダ・バッハ協会管弦楽団は、バッハの音楽をより身近なものとするために、あえて小編成での演奏と研究を続けてきた、“古楽演奏の総本山”的存在。注目すべきは、この名門を率いる第6代音楽監督が、84年生まれの若き日本人バイオリニスト・佐藤俊介であるということだ。