みやもと・ゆかり 香川県高松市在住。美容室の店長。2017年から自身が受けた虐待被害や当時の気持ちをブログに掲載。実名で被害者の相談に応じている。

香川県高松市に暮らす美容師の宮本ゆかりさん(49)は、幼少期から中学2年生まで実父から性的虐待を受けた。2017年から実名でその体験をブログにつづり始め、同じ体験をした人の相談に応じている。このほど、里親になるための研修を修了。虐待の連鎖を食い止めたいと訴える。

──どのような家族だったのですか。

父と母との3人暮らし。父は大企業の会社員、母は専業主婦だった。わが家では父親が絶対的に正しい存在。母も私も日常的に怒鳴られたり暴力を振るわれたりしていたが、逆らえない。母と一緒に父の機嫌を取る毎日だった。

虐待の記憶があるのは4〜5歳くらいのときから。母が留守のときは父とじゃんけんゲームをよくしていた。自分が勝つとおやつをもらえ、父が勝つと私の下半身をなめる。くすぐったくて嫌だったが我慢していた。小学校5年生のときから、毎晩寝ていると布団に入ってくるようになった。胸や下半身を触り、しだいにエスカレートしていった。