日本郵便の保険営業担当者は、獲得した契約の月額保険料の累計額で営業成績に順位がつけられている。本誌が入手した内部資料(「かんぽ営業選奨 成績表」)によれば、外回り主体の渉外担当者(約1.5万人)の全国1位は販売実績が3163万円(2018年4月〜19年3月)だった。そのうち546万円が「働き盛り(20歳以上50歳未満)世代加算」として上乗せされているが、2位より約890万円多く、実績はずば抜けて高い(下表)。

日本郵政グループは毎年、営業成績が高い局員を「かんぽ営業最高優績者」として表彰している。渉外担当の場合、販売実績750万円以上で「ゴールド優績者」に選ばれ(最大200人)、1200万円以上の実績を上げた者の中から「ダイヤモンド優績者」が選ばれる(同30人)。1位の局員の実績は、このダイヤの認定基準を優に上回っているのだ。

「信じられない数字」