20世紀、民主化や社会主義革命によって王制はしだいに減っていった。王様をめぐる各国の姿を紹介。

神話の時代を含めると126代、2600年の歴史。

徳仁天皇(UPI/アフロ)

存命の君主の中で世界最高齢、在位期間も最長。英国だけでなく、英連邦加盟のカナダや豪州など計15カ国の元首を兼ねている。皇室とも関係が深い。

エリザベス2世女王(REX/アフロ)

1932年立憲革命。46年に即位したプミポン国王は、2016年に亡くなるまで、タイ政治の調停役として強い影響力を保持し、国民からは敬愛された。ワチラロンコン国王は16年に即位し、その戴冠式が19年に行われた。日本の皇室とも関係が深い。

ワチラロンコン国王(AFP/アフロ)