日本の中世に登場する天皇で、後醍醐天皇(1288〜1339年)は後鳥羽天皇(1180〜1239年)とともに歴史に大きな足跡を残している。

後醍醐天皇(1288〜1339年)在位1318〜39年。建武新政の崩壊後、吉野で南朝を樹立した(清浄光寺(遊行寺)蔵)

後鳥羽天皇は鎌倉幕府と対立し兵を挙げたものの敗れ(承久の乱)、隠岐に配流され亡くなった。一方の後醍醐天皇は鎌倉幕府を倒した後、天皇親政に乗り出したが(建武新政)、足利尊氏と対立。政権は崩壊し、大和の吉野に逃れ、そこで亡くなった。

両天皇には共通する点が多い。第1に動乱の時代に変則的に即位したこと、第2に鎌倉幕府を倒そうとして失敗し、配流の憂き目に遭ったこと。第3にどちらも天皇の系譜としては傍流であったことである。

反対に決定的に異なるのは、後鳥羽天皇が京都帰還を懇望しながら果たせなかったのに対し、後醍醐天皇は宿敵である鎌倉幕府を倒した点である。

後醍醐が生きた時代、2度の蒙古襲来(1274年と1281年)を機に幕府の権威は衰え出し、中世社会は揺るぎ始めていた。