日本ではクラウドサービスの代表格で、上場前から、ユニコーン(企業価値10億ドル以上の未上場企業)の呼び声が高かったSansan。写真は寺田親弘社長(撮影:佐々木 仁)

【上場日(市場)】2019年6月19日(東証マザーズ)
 【設立】2007年6月11日
 【本社所在地】東京都渋谷区神宮前
 【代表者(年齢)】寺田親弘社長(42)
 【事業内容】法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」や個人向けビジネスSNS「Eight」を提供。新規に企業の課題解決イベント、採用関連サービスも
 【売上高】102億0600万円
 【営業利益】▲8億4900万円(19年5月期)
 【公開価格】4500円
 【直近株価】5320円(9月3日)

「それさぁ、早く言ってよ〜」。そんなキャッチコピーのテレビCMを一度は見たことがあるかもしれない。広告主は名刺管理のクラウドサービスを手がけるSansanだ。6月19日に東証マザーズへ上場した。

デジタル化が進んでも相変わらず名刺は紙のままで、紙の山の中から目的の人物を探すのは至難の業。社内の誰がいつどんな人と名刺交換したかすらわからない。