旗を振るガイドに引率された中国人ツアー客の姿があちこちで目立つ

富士山麓に広がる遊園地・富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)。毎日、昼下がりになると目立つのが中国人ツアー客の姿だ。隣接するバスターミナルに大型バスで続々と到着すると、絶叫マシン「FUJIYAMA」に家族で列を成す。チケット売り場や園内のレストランでは、中国のスマートフォン決済サービス「ウィーチャットペイ(微信支付)」ですいすいと支払いを済ませていく。

ハイランドの外国人客は入園者全体の1割程度。そのうち中国人の数は7〜8割と圧倒的だ。増え始めたきっかけは、2010年の上海事務所の開設だ。中国からの訪日客増加を見越して、現地の旅行会社に対し、ハイランドへ立ち寄るパックツアーを企画してもらうための営業を始めた。

営業活動に加えて、富士山や絶叫系アトラクションの中国人からの人気の高さが後押しとなり、富士登山とハイランドをセットとして旅程を組むツアーが急増。現在もツアーでの来園が中国人客の大半を占めるが、徐々に個人客も増えているという。

団体・個人ともに中国人の来園が伸び続けている裏には、ほかのテーマパークと比べた際の“来園のハードル”の低さもある。その1つが、冒頭の決済手段だ。