今年6月上旬、米国シカゴの空港に1人の男が降り立った。カシオ計算機の伊部菊雄アドバイザリー・プランナーだ。「落としても壊れない丈夫な時計」──。38年前に出されたたった1行の短い企画書から開発された腕時計「G-SHOCK(Gショック)」の生みの親である。

伊部氏は、シカゴ郊外にある老舗の大型家電小売店Abtエレクトロニクスで開催されたGショックのプロモーションイベントに参加。店内の大きなイベントスペースでGショックの誕生ストーリーや最新製品について語り、詰めかけた多くの時計コレクターたちが熱心に聞き入った。

シカゴでのイベントを終えると、伊部氏はすぐに次のプロモーションのためにカナダのトロント、バンクーバーへと向かった。カナダでは老舗デパートチェーンなどに足を運び、現地の有力宝石店や高級セレクトショップの関係者らにGショックの魅力をアピールした。

Gショックの販売拡大が止まらない。昨年度は世界で約950万個を販売し、14年連続で前年を上回った。カシオの屋台骨を支える時計事業において、Gショックは売上高で約半分、利益に至っては軽く過半を稼ぎ出す文字どおりの「ドル箱製品」だ。

各地でイベント開催

Gショックの誕生は1983年。壊れにくい時計を実現するため、試行錯誤の末、内部の精密モジュールを点で支えて衝撃を和らげる独自の中空構造を開発し、商品化にこぎ着けた。米国の消防士やアウトドア愛好家、西海岸のスケートボーダーたちから口コミで支持されるようになり、やがて日本でも若者たちの間で大ヒット。しかし、ブームは沈静化し、2001年度にカシオは大量の在庫を抱えて赤字に陥った。