M&A(合併・買収)が活況を呈する中、異質なプレーヤーが脚光を浴びている。ヨシムラ・フード・ホールディングス。国内外18社の中堅食品メーカーと食材卸を傘下に擁する、売上高237億円の東証1部上場企業だ。子会社はどれも地味で華やかさはないが、それぞれの分野ではしっかりとした実績を持つ。扱うのは、シューマイ、乾麺、日本酒、冷凍食品、ゼリー、ピーナツ加工品、フリーズドライ食品、さらには鮭とば(鮭の身を干したもの)、アユと幅広い。

子会社が製造する食品の一部。菓子から乾麺、日本酒まで幅広い。吉村自身はピーナツバターと日本酒をよく口にするという(撮影:今井康一)

創業は2008年で、以来10年余り、もっぱら買収によって規模を拡大させてきた。とくに16年、東証マザーズに上場してからは、毎年2、3社というハイペースで買収を重ねてきた。この4年で売上高は2倍になった。

食品専門の投資ファンド? いや違うのだ。

買っても、売らない。グループに迎え入れ、強みの伸長と弱みの改善を図る。と同時に、1社の強みをグループ各社に普及させ、相乗効果も生み出しながら、全体で成長していく。

例えば、08年に買収したチルドシューマイ国内トップの楽陽食品(東京都足立区)は赤字に苦しんでいた。ヨシムラの傘下になり、高性能のシューマイ自動製造装置を導入して生産の歩留まりを改善するとともに、小売り大手のPB(プライベートブランド)商品の製造を引き受けたことで稼働率が向上し、わずか1年で黒字化した。