機械部品大手・ミネベアミツミの貝沼由久会長兼社長は昨年秋、欧州にいた。買収を検討していた自動車部品メーカー・ユーシンの現地工場を視察するためだ。製造ラインを見学した貝沼会長は確信した。「現場の統率力がなく、生産性への貪欲さも感じられない。うちのやり方で改善できる部分が多く、十分立て直せる」──。

そして帰国後の11月、ミネベアミツミはユーシンの買収を取締役会で正式に決定。2019年4月にTOB(株式公開買い付け)を終え、子会社化して傘下に収めた。買収に投じた金額は約330億円に上る。

ユーシンは自動車の鍵機構やドアハンドルの製造を手がけ、マツダや独フォルクスワーゲンなど国内外の自動車大手と取引がある。が、13年に買収した欧州事業が足を引っ張り、16年に多額の赤字を計上。自力での再建が軌道に乗らず、昨年夏、水面下でミネベアミツミに支援を要請していた。

ミネベアミツミの前身である旧ミネベアは、機械部品のベアリングで知られるメーカーだ。機械の回転部分に使用されるドーナツ状のベアリングは、自動車や航空機、家電製品などさまざまな分野で欠かせない。中でも同社は、タイなどで製造する外径22ミリメートル以下の小型品を得意とし、この小型品の市場で6割超の世界シェアを握る。

その旧ミネベアが近年、事業規模を急拡大させ、機械から電子分野までをカバーする総合部品メーカーへと変貌を遂げた。原動力はM&A(合併・買収)だ。昨年度までの10年間に16件の買収を行い、10年前に2000億円台だった連結売上高は、前18年度決算で9000億円近くにまで拡大した。