貿易管理措置をめぐる日韓の対立はいったん、韓国側がトーンダウンしたかに見える。8月15日に韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が行った演説では、「日本が対話と協力の道に出てくるならば、私たちは喜んで手を握る」と発言し、日本へ対話を呼びかけた。だが、実態はどうか。

この演説の直前まで、文大統領の対日メッセージは直接的で激しい言葉を使っていた。「過去を記憶しない国・日本」(8月5日)、「加害者である日本は盗っ人たけだけしい」(同2日)と日本批判のボルテージを上げていた。「貿易戦争」「経済侵略」と叫び、不買運動を続ける韓国世論の対日批判は現在でも続いている。

ところが15日の演説では「日本が隣国に不幸を与えた過去を省察する中で、東アジアの平和と繁栄をともに導いていくのを私たちは望む」と述べた。