三重県松阪(まつさか)市は三重県のほぼ中央部に位置し、東は伊勢湾、西は奈良県に接する、東西に長い人口約16万人の街である。

この街は1588年(天正16年)に蒲生氏郷(がもううじさと)が開いたとされる。蒲生氏郷は織田信長、豊臣秀吉に仕えた武将として名高い。氏郷は松ヶ島という地の12万石の大名となり、松ヶ島の「松」と秀吉の本拠地大坂の「坂」を合わせて、この地の名を松坂としたといわれる(明治時代の町制施行時「松阪」に変更)。したがって「松阪」という地名は「まつざか」ではなく「まつさか」と読む。

城下町の面影を今も残す松阪市の御城番屋敷(photolibrary)

松阪といえば、世界的な肉牛ブランド「松阪牛」を思い浮かべる人は多い。松阪牛の起源は、江戸時代にこの地域の農民が農作業用に購入していた、但馬国(現在の兵庫県北部)生まれで紀伊国の紀の川流域で育てられた雌牛だという。ここの牛は農民から大事に育てられ、またよく肥えていたことから、幕末、神戸の居留地に住む外国人に好んで食べられるようになった。