写真はイメージです(phonlamaiphoto / PIXTA)

金融とITを融合させたフィンテックの代表的サービスとして紹介されるロボットアドバイザー。サービス提供会社は「お任せ」「全自動」をうたうが、その中身をしっかり理解しておこう。

投資初心者はロボアドを次のようなサービスだと想像しているのではないか。それは、値上がりが期待できる銘柄を分析・判断して安値のうちに買い、急落前には売り抜けてくれるなど、「投じた資金が元本割れしないようにAI(人工知能)が自動で売ったり買ったりしてくれる」というものだ。

ところが、そのようにイメージするのは基本的に間違い、あるいは高望みである。ロボアドがやってくれるのは、投資配分モデルの提案とその維持である。「元本割れ回避プログラム」ではない。そこを誤解すると、ロボアドそのものの意味を取り違えてしまい、適切な活用方法も見誤ることになる。