野村証券の担当者が男性に送った手書きの手紙。今となっては「精一杯努力する所存」との言葉がむなしい

「残された人生ではもはや挽回不能。いいカモとばかりに『資産管理のお手伝い』を持ちかけられて大損害を受けた。今は怒り心頭」。取材に応じた80代の男性は温和で控えめな性格のようだったが、このときばかりは語気を強めた。男性は虎の子の退職金のうち900万円近くを失い、野村証券を提訴している。

東北地方で年金生活を送っていた男性に、野村の営業担当者から連絡があったのは2011年1月のこと。支店を訪れると、通常の窓口ではなく応接室に通された。男性は当時、リーマンショックで生じた含み損を解消できず株の売買を控えていた。そのことを打ち明けると担当者は、「資産管理の手伝いをさせてほしい」と言い、大手銀行の株を購入するよう勧めてきた。男性は「相談できる人がいればそのほうがましかなと思って、付き合いを始めた」と振り返る。

男性が株を購入すると、「ご資産管理のお役に立てますよう精一杯努力する所存」などと半紙に毛筆で書かれた手紙(上写真)が自宅に届いた。その翌週も「塩漬けにしてある株式をすべて処分して、新たな銘柄を買うのです」などと熱心な勧誘を支店で受けた。

男性も担当者を徐々に信頼するようになっていた。「天下の野村証券の一員で、有名私立大学卒だという、身なりのきちんとした人が自分のような老人を助けてくれるかと思うとなんとも穏やかな気持ちに浸れた」(男性)。