やすかわ・けんじ 1960年生まれ。86年東京大学大学院修了後、山之内製薬(現アステラス製薬)入社。主に臨床試験などを扱う開発業務に従事。2010年に執行役員就任。12年からは経営戦略を担当、18年4月から現職。(撮影:今井康一)
製薬業界では大型M&A(合併・買収)が続出、国内首位の武田薬品工業もシャイアー買収を断行した。新薬開発競争も激化する中、国内2位のアステラス製薬は、どう立ち向かうのか。安川健司社長に聞いた。

──M&Aをどう考えていますか。

買収では株価に3割、5割の上乗せとなる。大企業の買収でこれを上回るシナジーは困難だ。当社では「このピースがそろえば自分たちのやりたいことができる」というM&Aに焦点を置いている。

やりたい分野での世界的な第一人者を見つけ、「手伝うから一緒に研究しましょう」と声をかけ、複数の研究アセットが育ったら会社を買う、といった仕込みはここ数年やっている。がん免疫の米ポテンザやミトコンドリア疾患の米マイトブリッジなどだ。

──巨大製薬企業の数千億円規模のものと比べると投資額が数百億円規模と小さいですね。