海外の先行事例をニュースで見て起業を決意(撮影:梅谷秀司)

「反復作業に多くの時間を取られることがストレスだった」。京都大学法学部卒業後、森・濱田松本法律事務所に弁護士として在籍していた角田望CEO(32)は、当時をこう振り返る。

企業の法務担当者と弁護士が行う契約書の確認は手間が多い。契約書を相手と取り交わす場合、まず受け取った文書を精査し、相手に極端に有利な条文が入っていないか確認する必要があるからだ。「通常は1時間程度かかることが多い」(角田氏)。