京都アニメーション放火事件のニュースは世界を駆け巡りました。海外からも追悼(mourning)の声が続々と届き、多くの外国人ファンが現地で犠牲者の冥福を祈りました(paid tribute to victims)。こうしたファンの言動は、日本のアニメが世界中で高く評価され愛されてきた証しともいえるでしょう。「京都アニメーションのアニメから勇気をもらい、明るい気持ちになることができた」といったネット上のコメントが印象的でした。

Anime fans are devastated by the inferno at the animation studio.

アニメファンは、そのアニメのスタジオの猛火に非常に大きなショックを受けています。