京都・奈良、と並び称されるように、私たち日本人の多くが修学旅行などで一度は訪れる観光地が奈良だ。奈良には東大寺、唐招提寺、薬師寺など日本を代表する神社仏閣があり、興福寺の五重塔や、東大寺の大仏は日本人の多くが一度は拝んでいるだろう。

ところが、この代表的な古都である奈良と京都は、観光業の面では大きな差がある。例えばホテルマーケットでみると、客室数は京都府が2万5720室(都道府県別12位)であるのに対して奈良は県全体で3860室。全都道府県中46位である(2017年)。

私は以前、京都とともにこの奈良にあるホテルの運営を行っていたことがあり、2つの古都の間を頻繁に行き来した。京都の中心部から奈良に向かうには近鉄かJRの奈良線を利用するのだが、たっぷり1時間はかかった。京都の町並みを抜けると、車窓の外には延々と田園風景が続き、とくに春先や晩秋などは本当にきれいな風景に見とれてしまい、奈良に到着する頃には心はすっかり旅気分になっていたものだ。だが意外とかかる時間は、観光のうえではネックである。