(イラスト:ソリマチアキラ)

栃木県は、日本でベスト3に入るほどゴルフ場の数が多い。2015年の文部科学省による体育・スポーツ施設現況調査によると、1位が北海道で244コースある。2位が千葉県で165コース。そして栃木県は、153コースで3位となっている。

その栃木のコースへ、2泊3日の計画で友人とプレーしてきた。平日プレーなのでさほど混んでいないだろうと思っていたら、38組と満杯に近い状態だった。その日はセルフプレー日で、昼食付きのプレー代が、3000〜4000円ほどであった。ぐるりとゴルファーを見渡すと、中年、というよりも定年後のシルバーエイジがほとんどだった。もちろん僕たちも同類なのだけれど、退職金・年金生活者にとっては、この価格は魅力的だ。聞けば、プレー代がちょっとでも値上がりすると、ゴルファーは敏感で一気に減少するという。