(撮影:梅谷秀司)

「トヨタ自動車はアライアンスの下手な会社だ」と、豊田章男は公言してはばからない。現に、いすゞ自動車や米テスラとの提携に失敗している。

しかし、環境激変の下で、「カーメーカー」から「モビリティカンパニー」に進化しようとすれば、単独対応では限界がある。他社との提携なしに、それは実現できない。それどころか、生き残れない。思い切ってアライアンス、仲間づくりを図らなければならない。

トヨタがアライアンス下手なら、トヨタ自身が変わればいいではないか。それなら、トップが率先して動くだけだ。章男は、現副社長で技術畑を預かる寺師茂樹にこう語った。

「将来を見据えて、もっとオープンにアライアンスがやれるように考えようじゃないか」

2014年から15年にかけての話である。

トヨタのアライアンスは、支配や規模の拡大を目的としない。志を同じくする者同士の連帯関係に近い。その端的なケースが、マツダである。