Sir Dave Ramsden 1986年オックスフォード大卒。90年ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスで経済学修士。英財務省の経済諮問委員長などを歴任し、2017年9月から現職。金融市場と銀行業界の監督を担当。金融政策委員会委員。

「市場波乱でも金融システムは強靭。リーマン危機時とは違う」

切迫する「合意なき離脱」のリスク。英国の中央銀行はブレグジットの先行きや経済、金融市場への影響、対応策についてどう考えているのか。イングランド銀行(BOE)副総裁のデイブ・ラムスデン氏に聞いた。

──ブレグジットは英国経済にどんな影響を与えていますか。

まず、ブレグジットをめぐる不確実性によって、企業の投資が異常な低迷を続けており、成長率を抑制している。もう1つは、在庫積み増しの影響だ。当初の離脱期限だった今年3月末に向け企業が在庫を増やしたことが、1~3月期の成長率を実力以上に押し上げた。4~6月期にはその反動が逆に成長率を実力以上に抑制した。

しかし、基本的に英国経済の成長は続くと考えている。それは労働市場が底堅いためだ。失業率は3.8%と歴史的な低水準にあり、平均賃金上昇率は前年比3.5%とかなり高い。こうした好調な労働市場が、ブレグジットの不確実性によるマイナスの影響を補っている。今後、「合意あり」の円滑な離脱を前提に設備投資も改善し、英国経済は年率1.5%前後の成長を続けるとみている。

──「合意なき離脱」となったら、どうですか。英予算責任局は本格的な景気後退を見込んでいます。

市場では「合意なき離脱」の可能性が30%程度まで高まったとみているが、あくまでリスクシナリオだ。BOEも、最悪ケースの「合意なき離脱」が現実になれば、金融・経済面で大きなショックが発生しうるとみている。だが、英国の金融システムの中核を成す銀行の自己資本は潤沢であり、ショックによる損失に耐え、経済界に資金供給を続けることができる。約10年前の金融危機(リーマンショック)時には銀行の資本が十分ではなかったため、融資をストップし、ショックを増幅させた。

また、「合意なき離脱」の場合でも、英国の金融機関はEU(欧州連合)に対する金融サービスを継続する準備ができている。そのため、われわれは金融システムの安定維持に自信を持っている。もちろん、それはマーケットの安定性とは異なる。「合意なき離脱」の可能性が100%になれば、金融資産価格の急激な修正は起こりうる。

──ポンド安でスタグフレーション(景気後退とインフレの同時進行)のリスクも指摘されています。