伊藤氏は起業家を輩出したネットエイジ出身(撮影:梅谷秀司)

中小企業にとって、入出荷や在庫管理にかかる物流コストの抑制は死活問題だ。自前でやろうとすると物量が少なく、スケールメリットが働きにくい。物流会社に頼む場合は、保管料などを1坪当たりで設定されることが多く、割高になりやすい。

そんな悩みを解決するのがオープンロジだ。点数やサイズに応じて料金が決まる従量課金制で、60サイズ(3辺合計60センチメートル以内、2キログラム以内)だと、1点当たりの倉庫利用料が1円、沖縄や離島を除く国内配送料は680円だ。自前では倉庫を持たず、倉庫会社をネットワーク化し、それらの遊休スペースを活用することで料金を抑えている。配送料にはピッキングや梱包の作業費なども含まれ、配送だけで700円以上かかる大手の宅配便と比べても安い。日々の物流業務をネット上で手軽に行えるのもメリットだ。

伊藤秀嗣CEO(41)は、ITベンチャーのネットエイジ(現ユナイテッド)、雑誌ネット販売の富士山マガジンサービスを経て創業した。

創業の原点は富士山時代にある。小さな出版社では社員が取材や編集と並行して発送作業をしており、誤配や遅延が頻発した。そこで伊藤氏は富士山が倉庫会社と契約して発送などを引き受け、業務負担とコストを削減できる仕組みを作った。このサービスを出版以外にも広げるために設立したのがオープンロジだ。