中西氏(左)は中ノ瀬氏(右)に口説かれ入社(撮影:今井康一)

宇宙飛行士の船内作業を代行する遠隔操作型のロボットを開発中なのが、2016年設立のギタイだ。中ノ瀬翔CEO(32)は日本IBMを退職後、インドでウェブサービスのベンチャーを起業し売却した。その後好きだったロボットの試作に没頭していたところ、投資家の目に留まり、法人化に至った。

そんな中、「顧客調査で切実な需要があったのが宇宙だった」(中ノ瀬氏)。宇宙ステーションで実験などを行う宇宙飛行士のコストは1時間当たり500万円で、その多くが輸送費用だ。「ロボットを送れば(ずっと滞在できるため)コストを50分の1に下げられる」(同)。