てらだ・ちかひろ 1976年生まれ。99年慶応大学環境情報学部卒業後、三井物産入社。シリコンバレーでの勤務や社内ベンチャーの立ち上げなどを経て2007年Sansan創業。(撮影:佐々木 仁)

日本では数少ないユニコーンとして注目を集め、6月に上場したSansan(サンサン)。法人向けクラウド名刺管理サービスが主力だ。創業から12年、ベンチャーを取り巻く環境はどう変わってきたのか。寺田親弘社長に聞いた。

 

(注)8月24日号39ページ掲載記事に加筆しています。

 

父親が事業をしていたこともあり、普通のサラリーマンとして生きていこうということもなく、元々起業家志向は強かった。学生でそのまま起業することは考えていなかったので、まず修行の場として三井物産を選び、6年間の勤務を経て起業した。

どうせやるなら世の中の困りごとを解決したいと思い、目を付けたのが名刺だった。「あの名刺どこに行った?」というリアルな悩みがもともとあった。世界で100億枚あるといわれるものをデータベース化することに奥行きの広さを感じた。