週刊東洋経済 2019年8/24号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

日本でも投資の「大型化」が進展

まさに活況だ。ベンチャー企業に投資マネーが殺到している。調査会社ジャパンベンチャーリサーチ(JVR)によると、2018年のベンチャーの資金調達額は3880億円。5年前の4倍以上に拡大し、リーマンショック前の水準を超えた。

1社当たりの調達額も増えている。「5年前は3億円で大型調達といわれた」(JVRの森敦子執行役員)が、18年は平均額が3億円を超えた。10億円以上調達した会社は80社に上る。

100億円規模で集める例も珍しくなくなった。直近では、8月6日にマーケティングデータ分析の法人向けクラウドサービス「b→dash(ビーダッシュ)」を手がけるフロムスクラッチが約100億円を調達。米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)やゴールドマン・サックス(GS)などが出資した。KKRはアジア向けに1兆円を投資するファンドを17年に組成。このファンドが日本のベンチャーに投資するのは初めてとなる。