鹿児島県霧島市は薩摩半島と大隅半島の付け根にあり、県のほぼ中央部に位置している。北に霧島連峰を臨み、南は錦江(きんこう)湾に面して桜島を拝む。2005年に旧国分(こくぶ)市と周辺6町が合併して誕生した。人口は鹿児島県第2位の約12万4000人に上る。

街の特徴は大きく3つある。まずは南九州の交通の要衝にあることだ。鉄道では隼人(はやと)駅でJR日豊(にっぽう)本線と肥薩(ひさつ)線が合流する。日豊線は福岡県の小倉駅と鹿児島駅を結び、肥薩線は熊本駅と鹿児島駅をつなぐ。九州自動車道、東九州自動車道という高速道路が走り、空の玄関である鹿児島空港も擁する。

こうした交通利便性のよさに企業も着目しており、霧島市内には京セラ、ソニーセミコンダクタ、トヨタ車体研究所などの大手企業が拠点を構える。