(撮影:風間仁一郎)

「クルマづくりを、骨格からすべてやり直す」

今回は、トヨタ自動車によるマツダの“発見”物語である。それは、日本のモノづくりを根底から変えるドラマの始まりであった。

私は、トヨタのある役員から、次のような言葉を何度聞かされたかわからない。

「マツダに比べると、うちは緩い。このままではトヨタは危ない」

猛烈な危機感だった。「王者」の余裕は見られなかった。

「もはや、ちょっといじって変わるレベルではなく、大きく、骨格からすべてやり直す必要がある」

と、豊田章男も語っている。

トヨタは、リーマンショック後、クルマづくりの思想を抜本的に見直す「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」に踏み切った。

トヨタの「TNGA」に匹敵するのは、マツダの次世代技術である「SKYACTIV(スカイアクティブ)技術」だ。

【SKYACTIV技術】2010年に発表された、マツダの革新的次世代技術の総称。クルマの基本性能であるベース技術を徹底的に改良し、「走る歓び」と「優れた環境・安全性能」の高次元での両立を目指した。

実は、日本のモノづくりの代表選手であるトヨタが今、“先生”役としているのが、意外にもこのマツダだ。“大”が“小”に学ぶ図式といえようか。いや、そんな単純な話ではない。