いくつもの寺院の掛け持ちも多い(amanaimages)

文化庁によると、日本の寺の数は昨年末で7万6000を超えている。これは全国にあるコンビニの数よりも多い。

だが、約7万6000あるうちの約2割近くが、経営難などによる不活動寺院といわれる。住職が専業ではなく、教員、自治体職員、農協職員、葬儀社社員、会社員と兼職して支えている寺があるし、1人がいくつかの零細寺院の僧侶を兼務して支えていることも多い。これらは全体の5〜6割と推計されている。

経営的に自立しているのは半分以下の3万程度だろう。「僧侶は儲かる」「寺は檀家からの寄進でぼろ儲け」という世評は一部の大規模寺院にのみ該当する話で、経営困難にある寺、貧困を余儀なくされている僧侶は少なくない。

寺の収入源の最も大きなものは葬儀・法事の布施。300の檀家を持つとすると、収入と支出は以下のような感じとなるだろう。

年間葬儀数は20件程度、1件30万円として、収入は600万円となる。法事100件×3万円で300万円、盆・彼岸などで300件×5000円=150万円。墓の管理料などが4000円×200件で80万円、その他収入80万円。合計は1210万円だ。