ざいぜん・なおみ 1966年生まれ。大分県在住。プライベートでは1児の母。現在、TBSのドラマ「Heaven?」に出演。秋から始まるNHK連続テレビ小説「スカーレット」に出演予定。(撮影:梅谷秀司)(ワンピース UNO/ネックレス LIZI PRESS/イヤリング LIZI PRESSスタイリスト:Miyoko Onizuka(Ange))

終活ライフケアプランナーの資格を持ち、今春『自分で作る ありがとうファイル』を出版した財前直見さん。自身が提唱する「ありがとうファイル」とは何か、なぜ40代・50代からの終活がお薦めなのかを聞いた。

──「終活」に関心を持ったきっかけは?

子育てのため2007年から大分の実家で暮らしていて、両親や近所の人から「葬儀や死後の手続きで困った」という話をよく聞くようになりました。私自身も義母の葬儀で初めて聞くしきたりに驚いたり、遺品整理で迷うことがたくさんあったりして……。

結局、誰もが喪主になる可能性はあるのに、葬儀や死後の手続きについては、親も学校も教えてくれないんですよね。だから万が一のときは本当に困るし、無駄なことにもお金を使ってしまう。

そうならないよう「転ばぬ先のつえ」ではないですが、知識と準備が必要だと感じました。それで50歳のとき、終活ライフケアプランナーの資格を取ったんです。

──「ありがとうファイル」をどうして作ろうと思ったのですか。

市販のエンディングノートを書いてみようとしたら、書き進められなかったんです。葬式のことなど「死」にまつわる項目が多く、書いたことすべてが決定事項になるのでは、という不安が大きくて。

子どももいますし、正直、今いちばん大事なのは生きること。でも私だって、いつ急に何があるかはわかりません。だから人生をよりよく生きるため、前向きな気持ちで取り組める、エンディングノートに代わるものが作れないかな、と思いました。

必要な書類を専用サイトからダウンロードし印刷すれば、オリジナルの「ありがとうファイル」が誰でも作れる。ファイルなので自由度が高く、生活情報が含まれるため、活用機会も多い(書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。)