イラスト:髙栁浩太郎

今年7月からの相続法の改正で多くの人にいちばん関係があるのが、預金の引き出しだろう。

相続法の改正により、遺産分割成立前であっても、1口座当たり150万円または各口座残高に対する相続分の3分の1までのいずれか多い額の預金を引き出せるようになった

とはいえ、これで預金がすぐに引き出せるようになったかというと、そうではない。「相続分の3分の1まで」という制約がある以上、金融機関としては、相続人の範囲を確定させ、相続分を計算する必要がある。

相続人の範囲を確定させるには、戸籍を取る必要がある。生まれてから亡くなるまでずっと同じ場所が本籍地であれば、簡単に戸籍を集められるが、本籍地が移動しているケースだと、戸籍を集めて相続人を確定するだけでも2〜3カ月かかってしまうこともある。

法律上はすぐに預金を引き出すことが可能になったからと何も準備をしていないと、預金を引き出すまでに思いがけず時間がかかり、当面の生活費や葬儀費用が用意できないという事態も生じうる。

ここは、今までどおり生命保険のほうが有利な点である。生命保険金は受取人固有の財産となるので、受取人だけの手続きで受け取ることができる。葬儀費用など死後すぐに使うようなお金は、これまでどおり生命保険で準備しておくほうが無難といえる。